医療生協のネットワークがみんなの健康をサポートします。

個人情報の取り扱いについて

このページは、米子医療生協の個人情報の取り扱いについてご案内しております。

米子医療生協の個人情報保護宣言 

米子医療生協は、利用者・組合員と職員の「プライバシーに関する権利」を積極的に擁護するとともに、個人の人格を尊重し、人権を脅かすあらゆる動きに反対し、行動します。
私たちは、生協の社会的責務として、個人情報を安全・適格に保護するために、本方針を定め 運用・維持し、継続的に改善します。

  1. 基本的人権を尊重し、個人情報が守られる権利、及び個人情報の自己決定権を保護します。
  2. 個人情報の収集・利用・提供に関しては、医療生協の事業・活動にふさわしい収集目的・利用範囲を明確にし、適切に取り扱います。
  3. 個人情報への不正なアクセス、紛失、破壊、改ざん及び遺漏などが発生しない安全な業務を確立します。
  4. 事業活動への利用者の主体的参画を育むとともに、病状や検査結果、ケアプランなどの診療や介護の大切な情報を、わかりやすく本人に提供し、説明します。

そのために、法令を遵守し、個人情報を保護するための指針を定め、継続的な改善を図ります。全ての職員に方針を周知し、院内掲示、医療生協だよりなどを通じて広く公表します。

2005年11月1日
米子医療生活協同組合
理事長 清水旨伸

サービス提供に際しての具体的取り組み 

<患者様、利用者様及びそのご家族に関する秘密の保持について>

  • 当法人及び職員はサービスを提供する上で知り得た患者、利用者様及びそのご家族に関する秘密を定めた個人情報の利用目的は別途定めており、それ以外では第三者にもらしません。
  • 秘密を保持する義務はサービス・契約が終了した後も、法人の職員でなくなった後も継続します。

<個人情報保護について>

  • 当法人は患者、利用者様及びそのご家族から予め文章で同意を得ない限り、患者、利用者様及びそのご家族に関する個人情報は用いません。
  • 当法人は患者、利用者様及びそのご家族に関する個人情報が含まれる記録物は善良な管理を行い、処分の際にも第三者への遺漏のないように防止します。

<記録の開示について>

  • 当法人は十分な情報提供により患者、利用者様のサービスに対する安心と信頼を確保し、より適切なサービスを提供するために、患者、利用者様または代理人に開示請求されたときの手続きについて別途定めています。

ページトップへ